新着情報

●2015/02/20
SSLのサーバー選びの情報を更新しました。
●2015/02/19
当サイト運営者情報の情報を更新しました。
●2015/02/16
最新SSLにはどうやって対応する?の情報を更新しました。
●2015/02/16
身近な個人情報とは?の情報を更新しました。
●2015/02/16
個人情報はなぜ悪用されるのだろうの情報を更新しました。

SSLのサーバー選び

インターネット上で広く利用されているSSLは、ウェブサイトを運営したり、ネットワークを利用したサービスを導入するなら必要不可欠の技術と言えます。ウェブサイトなどにSSLを導入するためには、まずはサーバーを選ぶことが大切です。SSL自体は汎用的なシステムなので特に問題はありません。しかし、サーバーによってはSSLが対応していないことがあるため、しっかりと確認しなければいけないのです。
SSLを導入する場合、まずはサーバー選びをしっかりおこないましょう。独自サーバーを利用する場合も、共有サーバーを使用する場合もSSLの対応状況の確認は少なからず必要です。特にレンタルサーバーを利用する場合、中にはSSLが対応していないサービスも少なくはありません。SSLに対応したサーバーを選ぶようにしましょう。
また、サーバーによってはいくつかのSSLの中から選べる場合があります。SSLは提供している会社が複数あるため、それぞれ証明書という形でサイトへのSSLの導入を証明しています。このため、証明書によってSSLの種類が少々変わり、月額利用料も変わっています。複数の中から選べる場合は、必ずSSLの対応状況と利用できる機能の確認をおこないましょう。SSL自体も証明書の種類によっては料金が高額になりがちです。1年間で4〜5万円というケースも珍しくはないため、料金とサービス内容のバランスを今一度確認してから契約するようにしましょう。
gegrea
SSLは導入することで様々なメリットを受けられる技術です。サーバーのセキュリティ対策が急務となる場合は、まずSSLの導入を検討してみてはいかがでしょうか。サーバーから送信される各種情報を、高度な暗号化技術によって隠してしまいます。外部からはどのような情報は知ることができなくなり、ハッキングなどを難しくするでしょう。
しかし、その一方でSSLにもちょっとしたデメリットが存在します。デメリットと言えるかどうかは人それぞれですが、SSLの導入にはある程度の知識と技術が必要になります。SSLは誰でもすぐに利用できるというわけではなく、ウェブに関することやサーバーの技術など、専門性を問われる知識が必要です。そのため、技術を持ち合わせている人物や、システム担当者が不在の場合は導入に一苦労してしまうでしょう。個人情報流出を防ぐためにSSL証明書を作成しよう。こちらのサイトをご参考下さい。
ですが、逆に言えばそれらのハードルさえクリアしてしまえばSSLの導入はスムーズにおこなえる、ということです。SSLをサーバーに導入する場合、レンタルサーバーならサーバーの運営会社がすべて必要な設定などをおこなってくれます。こちらはSSLを導入したいページの設定やアドレスの設定をおこなう程度です。SSLの導入そのものはサーバー会社がおこなうため、特に難解な設定をする必要はありません。自社サーバーへ導入する場合はハードルが高くなりますが、外部の担当者やシステムエンジニアに委託することで難なく導入が可能になるでしょう。

Copyright(C)2015 SSLのサーバーを選ぼう All Rights Reserved.